小鳥とバスケットのレポゼピアス

19世紀後期のロマンチズムを感じさせるモチーフのピアスです。小鳥が運ぶのは、蔦の入ったバスケット。
細かな彫金が施されています。小鳥の羽根や、蔦の葉脈、バスケットの編み目などは、全て手彫りです。
バスケットの持ち手も、金線が編まれたもの。
しかも、ジョージアン時代のように3色の金が使われているのです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 P-255
在庫状況 1組
販売価格
165,000円
購入数