18世紀末のキアニーナの婚約指輪

イタリア・トスカーナ地方の18世紀末期から19世紀初頭にかけて(推定)のリングです。
Anello Fede Chianinaと言って、トスカーナのキアニーナ渓谷が名前の由来。結婚の申し込みの際に贈られた、指輪です。
この様なハート型のものは見たことがありません。もしかしたら、物凄いコレクターアイテムの可能性があります。
玄人好みの、歴史を語るアンティークリングです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 MR-221
在庫状況 1個
販売価格
125,000円
購入数