豪奢なオーストリッチの大きな扇

1920〜1930年頃の、おそらくフランスのオーストリッチの扇です。柄部分は、鼈甲風のベークライトです。
左右が非対称で、黒い羽根部分が長く、白い羽根部分が短くなっている、グラデーションです。
消耗や羽根の切れなども、ほとんど見当たらない、未使用かと思われる、大変に良好なコンディションです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 T-520
在庫状況 在庫 0 本
購入数
SOLD OUT