鼈甲と象牙板細密画の白粉BOX

フランス・1800-30年頃の、鼈甲の白粉(おしろい)入れです。
真ん中に、4cmΦの、象牙板に手描き細密画。モチーフは、『淡い恋心』かな。笑。
大変に美しいミニアチュール。こんなデリケートなものは、なかなか見当たらないです。

ふたりのあどけなさ。
フワッと浮き上がるローブ。
柔らかそうな腕。
小さな、足元。

これからも、大切に愛でてくださる方の元に・・・
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 PR-210
在庫状況 在庫 0 個
購入数
SOLD OUT