日本趣味の小鳥と桜のパイプ立て

フランスの日本趣味。1870-90年頃、ナポレオン3世時代独特の漆黒。
本来は、パイプを掛けておいたパイプ立てです。素材は、パピエ・マシェ(Paper Màchè)
茶室の窓のような形。桜の枝で集う、小鳥たち。大変美しいお品。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 T-472
在庫状況 1台
販売価格
45,000円
購入数