18世紀末のトスカーナの婚約指輪

イタリア・トスカーナ地方の18世紀後期のリングです。
Anello Fede Chianinaと言って、トスカーナのキアニーナ渓谷が名前の由来。結婚の申し込みの際に贈られた、指輪です。
ガーネットは、クローズドセッティングながら、美しい深い赤い色で、写真では分かりづらいですが、きらりとまさしく柘榴の実のように、奥から光ります。
18世紀後期のトスカーナの貴族の生活に思いを馳せて・・・
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 MR-156
在庫状況 1個
販売価格
280,000円
購入数