19世紀初頭の象牙のエンジェル

19世紀前半期の、イタリア・ローマで作られた、象牙の天使です。
文句なしに可愛いですが、しっかりとしたお顔つきは、彫刻作品としても、見ごたえのあるものです。
本来は、赤ちゃんのゆりかごにご加護として付けられたもの。身に着けると、立体的で、どこから見ても魅力的です。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 MC-001
在庫状況 1個
販売価格
85,000円
購入数