ジャポニズムの団扇型カルネドバル

1870-80年代頃の、カルネ・ド・バルです。舞踏会の際に、ダンスのお申し込みのお名前を書きとめておくための、淑女の小道具です。
大抵、四角い形の多いカルネ・ド・バル、表面にいろいろ装飾がされていても今一つメモパッド的な印象で、興味をそそられるものは少ないのですが、、、
こちらは、ジャポニズムを反映した、日本の団扇が意匠になっています。
中には5枚の象牙板が、ダメージなく収まっています。大変に美しい、本当に稀な、コレクションアイテム。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 D-048
在庫状況 1個
販売価格
65,000円
購入数