19世紀後期の銀台ダイヤピアス

イタリア・1870-80年頃の、ダイヤピアスです。クラシカルなフォルムが、当時の貴婦人の優雅な装いを彷彿とさせます。
銀台にスリーファセットと表面の平らなダイヤモンドがセットされています。モチーフは、お花に、リボン、その下はドロップ型に葉っぱと実。
柔らかな女性らしさが漂います。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 P-152
在庫状況 在庫 0 対
購入数
SOLD OUT