白鳩のローマンモザイクルース

19世紀末から20世紀初頭の、ローマンマイクロモザイクのルースです。キリスト教では聖霊を表す、白い鳩=コロンバ。
宗教的な意味合いを離れて、19世紀全般でとても人気のあったモチーフです。
このまま、シンプルな18Kの枠でリングに仕立てると、とても可憐だと思います。
詳しくは、こちらをご覧ください。
型番 PR-165
在庫状況 在庫 0 個
購入数
SOLD OUT